教育制度

ENTRY

VSOP人財育成プラン

当社は、土木・地質・建築の専門家集団としてJ-POWERグループの事業を支援し、社会の発展に貢献しています。その源泉は社員であり、技術系社員の有する専門技術・知識、事務系社員の技能・組織運営能力です。
当社では社員を人材といわず、「人財」と称しているのは、社員が会社の持続的成長における最大の財産であり、源泉と位置付けていることによります。
この「人財」を常に高いレベルで保つため、経験を積み重ねる若い世代からリーダーシップを発揮し次世代へ技術継承していく熟年世代まで、次のように4つのステージに区分し、各々で必要な資格・知識・技能を提示し、会社として全面的にバックアップしています。

Vitality 入社~30歳頃 バイタリティーで活躍
Speciality 30歳代 得意分野を形成
Organization 40歳代 組織・人脈を形成
Personality 50歳代 魅力的な個性を持つ

研修体系

入社後の若手からベテランまで、社員ひとりひとりの自己研鑽と職場での実際の業務経験を通じ、上司・同僚との切磋琢磨をするOJT(On the Job Training)が人材育成の中心です。
特に分野の広い土木職は、3つの機関(水力・河川部、火力原子力・技術部、設備保全技術部)をローテーションし複数の業務を経験するほか、J-POWERに出向し本店や現場で実践を積む機会もあります。
このほかに、社会人・ビジネスマンとしての基礎から、各部門の高度な専門分野まで、あらゆる知識・技能を習得する研修体系が整備されています

上の図のうち、新入社員研修や新任管理職研修などの階層別研修、自己研鑽奨励制度、部門別社内研修などは、J-POWER共通制度です。会社単独では実施困難な本格的な研修も用意されています。特に、階層別研修では、様々な職種や会社の人達と交流を深めるとともに、J-POWERグループの一体感を醸成しています。

資格取得支援

「VSOP人財育成プラン」では、職種別に年代ごとに必要な資格と取得時期を定めています。
また資格ごとに勉強会を設たり受験準備のための社外講習会に参加するなど、合格に向け取り組んでいます。

■ 職種別資格ロードマップ

土木職
地質職
建築職